NAMASTE

アクセスカウンタ

zoom RSS 宿題

<<   作成日時 : 2006/11/22 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 なま暖かいこのごろの陽気のように、心の中が、喩えるとそんな感じだ。
夜の町はクリスマスの色に埋まり始めていた。明日の休みのせいか、渋谷の町は人で埋まっていた。ハチ公前の交差点を通り過ぎる度、いつも同じ事を感じる。そして今日も・・・・・・・
人の顔がひとかたまりの肌色のお面のように交差点を向いて立っている。人々の視線がみんな同じ方向を向いているのは、ビルの高いところにある大型TVを見ているのだろう。黒っぽいコートと肌色の顔がかたまっている風景の異様さの前を車で渡るたびに、思わず声を上げそうになる。それぞれに違った人生を抱えながら、でも一色に見える人間の塊。みんな生きてるんだなあと思う。
 白鳥由美子の声は美しい。疲れないソプラノだ。一日彼女のCDを聞きながら車を走らせた。
心の洗われるような声に癒されながら、これは今、宿題を与えられている時間なのだと自分を納得させた。正解を提出したい。出さなくてはいけないと思いつづけた。
 大きな重い箱は時に私に抱えきれないようだと感じながらも、誰にも助けを求めるわけに行かないと解かっているから、私は何とかしてこの時間の中を答えを求めて迷走した。
 確かな事実。それは、時は移ろうという事だ。引き止めることの出来ない時間の流れの中で人は生き、それに伴った行動と思考の結果としての答えを、手にするのだという事だ。
答えは正解でありたい。あまりに抽象的過ぎる思い、それが時間の中から生み出される味わいのある正解なのだ。抽象的過ぎてひとつでない答えだから、それは時に想い溢れて涙になり、時に満面の素晴らしい微笑みになる。
 手にしたものを感謝しよう。辛い思いは宿題の時間。積み重なったたくさんの感情がやがて私にたくさんのご褒美を運んでくる事だろう。
 いつか、きっとクリスマスや、休日の前の夜を、共に佇んで渋谷の交差点に立つ日も来る事だろう。同じ肌色のお面のように同じ方向を向いて交差点をわたる日・・・・・・宿題の答え。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宿題 NAMASTE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる