アクセスカウンタ

NAMASTE

プロフィール

ブログ名
NAMASTE
ブログ紹介
  書家・墨画家 小谷野洋子さんのページです。
インドをモチーフにした墨画制作をライフワークとし、常に新しい挑戦を続けて作品を発表しています。舞台美術やタイトルの揮毫なども手がけています。
かたわら、インド子供基金を立ち上げ、年2回のチャリティー活動を通して、インドの恵まれない子供たちへの教育支援を続けています。

*プロフィール、インド子供基金
  活動記録・支援記録はこちら
URL : http://namaste1.web.fc2.com
E-mail : koyano@kca.biglobe.ne.jp

新着
 ・チャリティバザーのお知らせ
 ・チャリティコンサート
 ・インド便り No.69

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
天災
天災  朝から落ち着かない時間が続いている。 大雨で道路が冠水した時のトラウマがよみがえる。川に囲まれたこの辺りには、台風による水の恐怖が身近である。  何人もの友人から、「大丈夫?」と電話やメールが来た。ありがたく心強い。一人はこういう時に不安であるが、頑張るしかない。  天災を避けることはできない。 今年の気候は相当に異常だ。日本だけでなく世界中が天災に見舞われている。どんなに何をしても、天災から逃れるすべは全くない。人間なんて弱いものだ。  あとひと月後にはインドにいるというのに、今年... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/22 14:59
青い空
青い空  台風の影響か、天候が定まらない。 スーパーに入った時は晴れていた空が、ものの10分もしないうちにシャワーの様な大雨になっていた昨日。 来月、インドに送る品物を入れる大きな箱を、わけてもらって帰るところだった。雑用が多い。  すぐ片付けないと忘れる。寄付の礼状も、その日のうちに書くのは習慣になった。喜んでやれることがあるのは幸せである。  図書館でまた、曽野綾子の本を借りてきた。 彼女の本にいつも救われる。賢明な知恵が詰まっている。「私たちは、無限に、人間によって救われ、人間によって育... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/21 10:49
捨てないで
 「あなたがいなくちゃ生きて行けないわ。私を捨てないで、置いて行かないで!」なんて演歌の歌詞のような世界はもう現実でないことを、最近痛感する。  女性が強くなったと言うべきか、男性が弱弱しくなったせいなのかわからないが、歯をくいしばって耐えぬいた女性たちは、その理不尽さに今、しっかりと目覚めたのかもしれない。  時代の意識が変わると言う事は、凄いことだ。 自分だけが異端なのではない。世の中の周りを見渡した時、そういう生き方を選択した人たちが活き活きと生きているのを見れば、忍耐が美徳ではない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/13 18:05
チャリティコンサート
チャリティコンサート ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/08 20:53
チャリティバザーのお知らせ
チャリティバザーのお知らせ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/08 20:32
インド便り bU9
インド便り bU9     四十年来の旧友夫妻がデリーから来日しました。わが家のFAXを見て、「もうインドにはFAXなんてないよ!!」と言われビックリしました。固定電話の少なかったインドには、FAXは根付かなかったようです。  また、四十度を超す暑さもFAXの感熱紙に不向きだったようです。今、十代の子供たちはFAXという存在すら知らないようです。インドがIT大国に成長した理由の一端かもしれません。  平成二十八年六月記 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/08 20:03
忘れてはいけない事
忘れてはいけない事  藤沢市に越してきた友人から、「広島の原爆記念日に、市の広報が黙とうの合図を流したのには驚き感動した」と知らせてくれた。この日の事を記憶している人々が少しずつ減って行く現実である。決して忘れてはいけない記憶を思い起こさせせるために、市が黙とうの合図を流したことはすばらしいことだった。平塚市もそうしてほしい。  「忘れてはいけない事」を今日また新たに感じた朗読会に行ってきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/07 20:36
土足
 人生をなげうってインド・ブッダガヤで、ローカーストの子供たちの教育に全身全霊をささげてきた樫井女子。 彼女の築いた輝かしい成果が今少しずつ失われようとしている。  インドの現実を知らないお偉いさんたちが、自分たちの利害と名誉に固執するあまり、本当に護らなければいけないものを土足で踏みにじろうとしている。今朝そんな悲しい知らせを受けて朝が始まった。  「ナニそれ!」と腹立たしさが湧き上がって抑えがたかったが、私や大谷さん二人が地団太踏んでもなんの解決にもならないお偉いさんたちの決め事。 ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/05 23:58
水位
水位  夕べのゲリラ豪雨から明けた今朝早く、近くの川の水位が気になって様子を見に出た。 平常よりかなり水位は上がっていた。いつもの穏やかな様子から比べるとやっぱり水の怖さを実感する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/02 10:00
隔世の感
 10月の渡印のプログラムをデリーのラニさんに依頼したのはほんの数日前だった。 さっそく返事が来た。さすが、旅行社を経営しているプロ、返事の早さに驚いた。概算とは言え、すべてのタイムスケジュールもみな細かに書いたメールが送られてきた。  今年は、石仏群を中心にもう一度この目で見て来たいので、移動の多い旅になりそうだ。 さすがにラニさんも「疲れるんじゃない?」と心配しているので、行き先をちょっとはしょることにした。こういう時、やっぱり、とてつもなくインドは広いんだなあと痛感する。もう少し足の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/01 21:48
父の涙
 昨日の朝、父が激しく泣いたようだ。 多分理由は誰にもわからない。泣いた父にもわからない感情が湧いてきたのではと思う。  午後、父を訪ねると、いつもより感情が高ぶっているのか、矢継ぎ早に通じない会話を続けた。朝方、ヘルパーさんにしがみついて泣いたという話を聞いていたので、その興奮したようすも静かに受け止めることが出来た。  自分が今ここに居ることの不安、理解しようとしても湧きあがって来ない記憶の糸、その歯がゆさが父の気持ちを更に不安にしているように見える。  ゆっくり何度も丁寧に説明をし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/28 20:53
五体投地
五体投地  手に当てた木が、大地を摺って進んで行くザワザワっとした音が今も耳から離れない。 11人のチベットの村人が聖地ラサに向かう巡礼の旅が映画化された。  「ラサへの歩き方・祈りの2400Km」を観てきた。すばらしかった!ドキュメンタリーかと思うような映像であったがフィクションだそうだ。    出演者11人はみな本当の村人、信じられない過酷な状況の中で統一のとれた行動、一体となった心。そしてどんなに過酷な状況の中に居ても、幸せそうな人々の顔。腹の底を揺さぶられるような純粋さにただただ感動であっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/25 20:31
高い塀
高い塀  インド大使館の塀は固く、そしてとても高くなったと思った。 昨日、10月に開催予定の、インド大使館での個展の打ち合わせに、九段の大使館に行ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/23 22:06
身を引く
 先日,久々に、こ気味の良い新聞記事を読んだ。 7月14付の朝日新聞の天声人語である。  今回の都知事選に絡んだ話である。 嵐の桜井翔君の父上、桜井俊、前政務事務次官が、都知事選の立候補をきっぱりと断った事が書いてあった。「出る気はない」、「そんな器ではない」とその姿勢は一貫していた。  マスコミなどはまことに勝手な存在で、かの父上の話題の度に、「タレント、嵐の、桜井翔さんの父上が・・・・・」と必ず前置きしていたのも聞いていて不愉快だった。言われた方はきっともっと不快な思いを抱いていらし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/20 20:57
もてなす
もてなす  9月のバザーの下準備のことで、そろそろ背中を押され始めている。 10月にはインド大使館での展覧会が実現できそうな気配もあるので、暑い暑いとばかりも言っていられなくなってきた。  バザーが済んですぐ、次の週に、急きょ、チャリティーコンサートの企画がもちあがった。 昨日、演奏してくれる平沼氏と会場になる「インドカレー.フラッシュ」の店でお会いした。照れながらも彼が歌ってくれたオリジナルの曲は、人柄の伝わる温かな声だった。  いつも私を陰で応援してくださる、フラッシュのオーナー、飯島夫妻のご... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/17 13:33
窓から
窓から  熱海、自然卿の高台にある宿の窓越しに写した日の出。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/12 18:12
雨あがる
雨あがる  早くから気持のいい目覚めだった。 雨戸を開けると、うっすらと霧がかかった空だった。昨日の雨も上がり、木々の枝と枝との間に絹のような幕を張ったクモの巣がいくつも見えた。  子供のころ、木の枝を三角に折って、こういうクモの巣を、綿アメを集める様にかき集めて遊んだ記憶が浮かんできた。静かな朝、あちこちでクモの幕がキラキラ光って美しい。  畑の作物が腰の高さを越してぐんぐん伸びてきた。雨に打たれて少しうなだれているヒマワリも、少しずつ垣間見えてきた青い空の中で頑張って咲いている。  日曜日だと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/10 10:06
原点
原点  昨日の朝、読経しながら、妙円寺の弁天様が無性に私を呼んでくださっている気がした。 このところしばらく時間の折り合いがつかず、巳の日の供養にも参列させて頂けなかったので、なんとしてもお参りに伺いたくて車を走らせた。もうお昼に近い時間になってしまっていた。  山門から本堂につながる石畳の左右に、見事にハスが咲いていた。手間と心をかけて参拝者をねぎらってくださるお寺のお心が伝わる。  弁天堂で心行くまでお経を上げさせていただき、すでに埋葬されている本堂裏の猫のお墓に行って、「ナッキーが着いた?... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/09 10:20
無感情と言う不幸
 なんと痛ましい、そして恐ろしい事件ばかりが毎日ニュースで流れるのだろう! 見知らぬ人の命を一時の感情で奪ってしまえる無感情な行為。そして気が付いたらこれはスマホの中のゲームではなかったと知る不幸。ふと我に返った時の取り返しのつかない悔やみ。  もしわが子にこんな事件が起きたら、親は身の置き場もない地獄の中に突き落とされるだろう。 親の保護のもとにいて不自由のない生活を送っていたはずの、学業も優秀な学生に突然悪魔がささやくのだ。 知らない間に心のバランスを崩し、下っていく坂の下にあるおぞ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/08 10:19
送る値段
 ノラ猫ちゃんを保護する活動をしている友人のネコが、先週土曜日に亡くなった。 家族のみなが仕事で、火葬場に行く都合がつかないと言うので、わたしが引き受けることになった。  今朝、友人が可愛い箱に入ったネコちゃんを連れてきた。 前の晩は娘二人が一緒に寝てお通夜をし、泣き明かしていたと言った。一番長く生活を共にした分、生き物との別れの悲しみはそれ以上に深くなるものだ。  三日に亡くなったわが家のナッキーと一緒に今日、私が市の火葬場に連れて行った。 二匹一緒でよかった。書類にサインをし、最後... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/05 19:53

続きを見る

トップへ

月別リンク

NAMASTE/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる