アクセスカウンタ

NAMASTE

プロフィール

ブログ名
NAMASTE
ブログ紹介
  書家・墨画家 小谷野洋子さんのページです。
インドをモチーフにした墨画制作をライフワークとし、常に新しい挑戦を続けて作品を発表しています。舞台美術やタイトルの揮毫なども手がけています。
かたわら、インド子供基金を立ち上げ、年2回のチャリティー活動を通して、インドの恵まれない子供たちへの教育支援を続けています。

*プロフィール、インド子供基金
  活動記録・支援記録はこちら
URL : http://namaste1.web.fc2.com
E-mail : koyano@kca.biglobe.ne.jp

新着
 ・9月チャリティーバザーのご案内
 ・インド便り No.70
 ・インド子供基金 2016年度の支援と活動報告

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ニッポンスゴイデスネ!
ニッポンスゴイデスネ!  いったいどうやって東京から新潟まで旅をしたのかい?荷物に聞きたくなるようだ。 長岡警察から、届け出ていた遺失物が見つかったという連絡が来たのは、無くなった日から四日目だった。 幸いと言うべきか、不幸と言うべきか、連絡が来たときは、すでにウメシュが帰国の機内にいる時間だった。  無事に元気で戻ってきたリュックサックに、移動した経緯を聞きたいようだが……、物言うわけでもなし・・・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/23 20:29
夏から旅立ち
夏から旅立ち  この数日、朝夕は急に秋の気配が感じられるようになった。 外灯の点灯時間を明日、少し早くにセットし直そうと思う。  ついこの間、ほおずきの絵を描いていたばかりだったのに、お盆が過ぎたとたん、1っ本700円もしていたほおずきは、束になって100円で売られていた。画材にするために束で買っておいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/20 20:42
タフ
タフ  五日間の関西への旅を終えて、昨日の夜、ウメシュとシップラが帰宅した。 二人が留守の間、数日してようやく自分のペースに戻ったところであったが、またにぎやかになった。あと数日、二人のために日本のいい思い出を作って帰国してもらいたいと、つい頑張っているかもしれない。  かなり疲れもピークである。 足に痛みがまた出はじめた原因も分かっているので、治療に通いながら、でも楽しい交流の時間を過ごしている。  久しぶりのインド料理かと思い、帰ってくる昨日は、私にはかなり遅い夕食を彼らと頂いた。9時ぐら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/16 09:47
静寂
静寂  寝坊しては・・・・・、と思うと、何度も目が覚めるものだ。 ウメシュとシップラは今日から広島、京都、宮島、長野への旅に出発した。久しぶりの静寂である。  4時半に起きて二人に持たせる朝ご飯のお弁当のお稲荷さんを作った。 お稲荷さんは結構外国の人に人気なのを知っていたので、来日の日にも作って食べさせた。 シップラは「美味しい美味しい」連発だった。市販の袋に酢飯を詰めるだけの手抜き弁当とおにぎり、お菓子などを袋に入れて持たせた。遠足に行く子供を送り出す親の気分かもしれない。  7時過ぎ、空... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/10 08:11
ジャルディ、ジャルディ
ジャルディ、ジャルディ  毎日いったい何回「ジャルディジャルディ!!」と叫ぶことだろう! 特にウメシュの、身支度の手際の悪さ、出かけるまでの準備のおそさ、人を待たせることののんびり感。あらためてインド人だと感じながら、「早く早く、早くしなさい!」と言わざるを得ない自分に疲れてしまう。 「ウメシュはほんとに人を待たせるね!普通は女の人の方が遅いのに!」と腹立ちまぎれに言えば「私はレディーファーストですからね」と憎たらしいことを言う。  私がインドに着けば、とたんに心のチャンネルが切り替わり、インド時間に合わせてのん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/09 15:10
三人よれば
三人よれば  バザーが終わって、残った品々をインドに送る様子を、ウメシュたちがいる間に見せておきたかったので、一昨日、箱詰め作業をした。  私たちが送ったものを、現実にインドで受け取った時、何がいいのか必要ないのか、彼の目でチェックしてもらう必要があった。これは実に正解な想い付きであった。  いつもは、ホームセンターで箱をもっらて来て詰めていたが、インドに着くと箱はボロボロになってしまっていて、運ぶ時に大変だと言う事であった。 その時、たまたまそこに一枚あった、レジャーシートバックと言うのを見た彼は、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/06 10:12
チャリティーバザー
チャリティーバザー  雨模様を心配したのはうそのように,チャリティーオープン前は晴れ上がり、いつものようにたくさんの人たちが道路に立って待っていてくださった。暑からず寒からず、神様のお恵みを実感するようないい日和の中でバザーが始まり、そして息つく間もないほど・・・・・、足が棒のようになっていも、痛いなどと言っていられないほど慌ただしく、瞬く間に時間が過ぎた。   ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/04 17:19
カレーハウス
カレーハウス  一昨日ウメシュたちがやってきた。 空港の出口で1時間以上待たされたので、何か税関の問題があったかと気を揉んで待った。  シップラが手にヘナの、メヘンディー(インドでお祝いのときなどにヘナで模様を描く)をしていたために指紋認証が出来ず手間取ったと言う事だった。  今日は、私が治療院に行ったり、父の所に行って留守の間に、シップラがインド風チャーハンのお昼を作って待っていてくれた。昨日は夕食にスパゲッティーを作ってくれて、私は楽な想いをして過ごしている。  午後から、二人はエプロンをかけてイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/01 18:00
メッチャ ヤバイ
 最近、公共放送を見聞きしていると、やたらと聞く言葉である。 「メッチャ ヤバイ」と言う言葉の意味は、前後の会話の流れの中で意味は感じ取れるが、美しい言葉には聞こえない。  すごく感動した時,すごく驚いた時、英語で言うなら「very very 」と言う感情が、「メチャクチャ」。短くなって「メッチャ」になったのだろうと思う。実に安易にこの言葉で感情をあらわす人が最近多い。  「ヤバイ」も、決してきれいな言葉ではない。 何か良くないことをして、ハラハラするようなとき、「ヤバイ!」と叫ぶ人の気... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/27 09:35
隠れた力
隠れた力  小学校の夏休みの宿題に出されたというお習字。 どう書かせたらいいのか手をこまねいていた元お弟子さんだった女性が、小学校5年生の息子を連れてやって来たのは昨日だった。  「この子は集中力が持続しなくて…・・・」とこぼす母親に、「大人だってせいぜい1時間か長くて2時間は限界よ!」と、私は伝えた。少年は素晴らしい集中力で頑張っていたと私は、彼を褒めちぎった。  何年ぶりに子供に書道を教えたことだろう。 二時間は楽しくあっと言う間に過ぎた。 二言三言、私が教えたことを彼は自分で反復し、その集... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/23 20:38
9月チャリティーバザーのご案内
9月チャリティーバザーのご案内 会場案内拡大地図はこちら   駐車場案内の拡大はこちら ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/05 13:04
さわやかに
さわやかに  昨日、ペインクリニックの帰りに、妙円寺さんに9月のバザーのチラシをお届けに行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/04 16:39
介護拒否
 ダイニングのテーブルは、小さいながら一つの社会を築いている。 2メートルに満たない長方形のテーブルが、起きて目を開けている時の、父の小さな現実社会である。  父の前にいつも座っている二人のご婦人は、程度の差はあれ認知があり、聴いていると話は全くかみ合っていないが、それでもお互いが合槌をうちあって納得したように見える。  施設の方の話によると、私のいない時は、けっこう三人で何か話をしていると伺っているので、それなりに小さなコミニュニケーションの場になっているのだろうと推測していた。  と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/28 20:17
来日
来日  インドのウメシュ夫妻の来日が現実味を帯びてきた。 今日、デリーの日本大使館でもらってきたというヴィザの書類のコピーが送られてきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/15 21:33
スロースロー
スロースロー  走らない事、休むこと、一息つくこと、ボーッとすること、数え上げたらきりがないほど、こういう行動とは程遠い毎日だったような、駆け足の日々を生きてきた気がする。  遠い親戚にまで、私の健康の知らせが届いてしまい、「信じられない!あの元気な洋子さんが!」と合唱のように皆から返事が返ってきている。  リビングの隅は、いつでも休めるようにクッションとブランケットが置いてある。 マッサージ器もよく活躍するが、一番はまず休むこと、そして時間があればストレッチをして過ごしている。 ひところ、痛み止めの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/09 09:54
ときめき
 ペインクリニックの治療が済んで、1時間以上は安静にしてからでないと帰宅はできない。 痛みの局所に数本の麻酔をかけるのだから、すぐに体が正常な状態に戻るわけはない。まして私は車で病院に行っているので、よほど体がしっかりしないと「もう、帰ります」とは言えない。  今日、治療が済んで、わたしが横になっていたベッドの隣に、待合室で何度かお会いしたことのあるご婦人が治療を終えて運ばれてきたのは、カーテン越しに分かった。少しお耳が遠いので、看護士さんとお話しする声が大きいのですぐ分かった。  しばら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/29 21:06
始動
始動  今日は父の妹、叔母の七回忌、本来なら伺うはずであったが、もう半年も電車に乗っていない。 乗り換えて歩いて・・・・・と言う生活をしていない。長時間立ち続けることが出来ない、歩けない。そんなことで参加を見送らせていただき、今朝は叔母のことを思って読経させていただいた。  お昼に父の所に行く予定で、ランチの準備をするために早く起きた。 きっと、父に今日の話をしてもあまり反応はないかも知れない。あえて言うこともあるまい。大方の準備が整ったら、急に絵が描きたくなった。  伊勢原のとがくしさんに飾... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/25 10:49
感動
感動  久しぶりに・・・・・、本当に久しぶりに机に座って絵を描きたくなった。 丸くなって芯の見えなくなった鉛筆を十数本、ナイフの鉛筆削りで削る作業から始まった。  机の隅に閉じたままになっていたスケッチブックを開いてみた。もうずいぶんスケッチもしていなかったのが分かった。スケッチブックに挟んであるはずの墨壺がどうしたのか見当たらない。いつでも描けるようにすぐ画材やに買いに行った。もう一度最初からで直しである。  友人が、庭になったというビワの実を届けてくれたので、それを描きたくなった。 手紙好... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/20 22:10
さまざまな医者
さまざまな医者  去年10月、インド滞在中は、北から南へ、東へと飛び跳ねるように忙しい旅の時間を過ごした。 いつもなら、腰痛のための腰ベルトを体から離す事なく過ごすのに、その存在すら忘れるほどの快調ぶりだった。そして、その無理が帰国後一気に出た。  それからのこの半年間、わたしは人生初の痛みとの闘いの時間を過ごした。 ようやく静かに鎮静の感があるが、いまも用心の日々を過ごしている。今までも用心はしていたつもりであったが、これほど辛い時間を過ごした今は、その用心の本当の意味を肝に銘じている毎日である。  ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/18 11:40
記憶のあと
記憶のあと  5年前、42歳で急逝した甥の学友が、それぞれ遠い地から今年もお墓参りに来てくださった。 愛知県からわざわざ来てくださった方もいた。    彼らは今、社会の中堅どころ、働き盛りの青年たちである。 医者になった青年、牧師になった子、建築家、介護ロボットの研究をしている人、プロとして音楽の世界で活躍している青年、今年は9人もの青年が遠い立川のお墓まで来てくださった。昨日のことである。  甥が亡くなった翌年、このことは一周忌までで終わるのだろうと思っていたが、彼らは毎年仕事を調整して貴重な休... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/11 21:05

続きを見る

トップへ

月別リンク

NAMASTE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる