アクセスカウンタ

NAMASTE

プロフィール

ブログ名
NAMASTE
ブログ紹介
  書家・墨画家 小谷野洋子さんのページです。
インドをモチーフにした墨画制作をライフワークとし、常に新しい挑戦を続けて作品を発表しています。舞台美術やタイトルの揮毫なども手がけています。
かたわら、インド子供基金を立ち上げ、年2回のチャリティー活動を通して、インドの恵まれない子供たちへの教育支援を続けています。

*プロフィール、インド子供基金
  活動記録・支援記録はこちら
URL : http://namaste1.web.fc2.com
E-mail : koyano@kca.biglobe.ne.jp

新着
 ・インド子供基金 2017年度の支援と活動報告
 ・新春チャリティーバザーのご案内
 ・墨画二年カレンダー(2018年-2019年 )申込のご案内

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
雪の中で
雪の中で  朝方からちらちら降り出した雪は瞬く間に庭を白く埋めた。 年老いた猫たちもこの寒さでコタツに集まり、仲良しではないけど仕方なく一緒にかたまっている風である。  雪景色に見とれているノルウエージャンなんとかと言う種類のネコの後姿がなんだか愛おしい。 困ったもんだなあ〜この白いもの!と言いたげな風情。一番体が大きいのに一番甘ったれでわがままな猫。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/22 18:15
歓びのつどい
歓びのつどい  凍えるような寒さの中、昨日は無事に、恒例のチャリティーバザーを終えることができた。 タイツを二枚はき、その上から厚手のハイソックスを履き、重ね着した上衣にコート、ホカロンを体中に張って、何しろ冷えないように、万端整えて妙円寺の会場へ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/14 19:10
集う
集う  父のお蔭で、父が長生きしてくれているおかげで、兄たちとその家族との交流の時間が増えた。 毎年のことながら、今年もまた,二日に、みんな揃って父を囲んでのお正月になった。  一年ぶりにわが家に父を呼んだが、巨体の父を車から家の中に入れるには男性三人の力が要る。 後期高齢者の兄は、父を持ち上げながら腰を痛めて、「もう来年は手伝えないな・・・・・」と、ポツリとつぶやいた。  賑やかなお昼を済ませると、父が疲れない内に、いとこと甥と姪の婚約者が、帰るときは手を貸してくれて、大騒ぎで皆に見送られ父... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/04 20:44
良いお年を!
良いお年を!  年末の実感がないままに、今年は早々に昨日、外の門扉に松飾をした。 玄関ドアーにもお飾りを掛け、家の中にもお正月のお花も飾った。  友人が送ってくれた、チューリップの花束を、お正月まで持たせたいので、寒い洗面所に避難させている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/29 19:37
護摩供養
護摩供養  山門をくぐり本堂の前に立つと、洞窟の中からもう読経の声と、お数珠をすり合わせる音が聞こえてきた。 今日は今年最後の巳の日、妙円寺護摩供養に参列させて頂いた。 読経が終わるころには、深々と冷える洞窟の中も外も、参拝の方でいっぱいだった。  参拝の後の、ご住職のお話は、ただただ感謝の一年をもう一度思い起こさせていただくものだった。 ご本堂に上がらせていただき、ご本尊様、諸仏に手を合わせ、温かな一室でお茶を頂き、恵子さん手作りの鯖寿司やら、同級生の船越英一郎君の湯河原の家のオレンジで作ったチ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/20 20:48
再会
再会  一年ぶりの再会になった。 インドのプネから、仕事で来日中のシュルティーちゃんが、私の大好きな画友の森 秀代女史と一緒にわざわざ平塚まで会いに来てくれた。  フェイスブックで私の健康がすぐれないことを知っていて気にしていてくれていたようだった。 長野や山梨へと、仕事で飛び回って忙しい中、そして明日は早朝にインドに帰ると言う前の日だと言うのに、私の健康を心配してわざわざ来てくれたのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/16 18:57
何がめでたい!
 近刊書、佐藤愛子さんの本が今話題になっている。 長生きの何がめでたい!そのタイトルに心のどこかが少し共感しているのは、自分もまた年を重ね、そんな問題が現実味を帯びてきたせいからかもしれない。  昨日父とランチをした。 車椅子に座っていると体が45度に近いほど右に倒れる。支えのクッションを腕の下に置いてあげても、かなり傾斜する。右手で箸を持つこと左手で器を持つこと、自然にできていた動作の一つ一つが不自然になり難儀そうに見える。つい、手を添えて口に運んであげてしまうことが増えた。食欲はあるが... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/12 09:12
インド子供基金 2017年度の支援と活動報告
インド子供基金 2017年度の支援と活動報告 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/02 15:03
新春チャリティーバザーのご案内
新春チャリティーバザーのご案内 会場案内拡大地図はこちら   駐車場案内の拡大はこちら ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/02 14:51
バンザイ104歳!
バンザイ104歳!  幸せな誕生会だった! ついに104歳に達した父。  その父の誕生日を忘れないでいてくれたお嬢さんたちが、介護の手助けをしながらお祝いに駆けつけてくれた。施設に迎えに行くと、スタッフの方がギターを持ってきて父のためにお祝いの歌を歌ってくださった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/01 21:00
カレンダー
カレンダー  早いもので、私の作品を載せた二年カレンダーを作ってもう20年近くが過ぎた。 1998年に初めて1年カレンダーを作り、毎年は大変だと言ったら友人が「じゃあ二年カレンダー作ったら」とアドバイスしてくれたのが始まりだった。  今日印刷されたカレンダーの入った箱が4箱届いた。 さっそく夜になって受け取りに来た方もいる。「いつできてくるの?」と催促されながら、待ちに待った今回のカレンダーが届いた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/30 21:40
命日
命日  毎年のことながら、年末が近付くと喪中の葉書が毎日送られてくる。 長いことご指導を頂いたヒンディー語の先生も今年4月に奥様を亡くされ、今日、喪中のお葉書が届いた。  決まりきった文面の喪中葉書ではなく、奥様とお二人で共に過ごされた年月が伺える文面は、短いけれど胸を打たれた。絶えず自分を支えてくれた奥様への感謝が行間にあふれていて私の知らなかった先生の心の中を垣間見たような気持ちになった。  そして今日は、夫の命日。 イカが大好きだった夫のためにお供えしたかったが、なんせ、イカが手に入ら無... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/29 21:08
墓参
墓参  腰と足の痛みの問題を抱えているので、今年は富山への墓参は出来るかしら?と案じていたが、ゆっくり行って来ようと決めて一泊の予定で出発した。  一昨日早朝、まず北陸33番札所の菩提寺に参拝し、夫のお墓参りをし、夫の兄弟の家二軒にも挨拶に行き、午後から水墨画美術館にも行った。ところが、美術館であまりに夢中になって立ち続けて見入ってしまったせいか、夕方には脚が痛くなりちょっと反省。  昨日の朝は早くから、泊まったホテルに大浴場があるので、ゆっくり体を温め、付属のフィットネスクラブにあったマッサージ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/26 20:09
旧友
旧友  いつもの年ならこの時期、私はインドにいる筈であった。今年は無理をしないことにした。 痛みはかなり和らいできたが、ここで無理をしては・・・・と思っている。  インドが遠くなったように思えたが、さにあらず!! 昨日は40年来の旧友、ポピーさんの母上、スニータさんと久しぶりにお会いした。まだ長い時間電車に乗って出かける自信がないので、車で東京に行った。九段にある、ポピーさんのインドレストランで待ち合わせをした。  弟さんの一周忌でドバイに行った帰りに日本に立ち寄ったようだった。 相変わらず... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/23 19:54
発電機
発電機  いよいよベナレスのメモリアルスクールに、待ちに待った発電機が到着したようだ。 今日、写真が送られてきた。  インドでは、新品にこうしてマリーゴールドの花をかけて祝福をする。 相変わらず、なんの装飾品もつけていない校長先生の奥さん、学校のための資金にゴールドはみな質屋に入っているらしい。よく頑張っていると思う。  メモリアルスクールを初めて訪問した時は掘立小屋のようだったが、今はほんとに立派な教育の施設が整い、生徒たちにも勉強の環境が充実してきたと思う。発電機を収納するための部屋も作った... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/18 18:13
サヨナラ、辻さん
サヨナラ、辻さん  ご遺族から届いた喪中のはがきの差出人の名を見て、最初は誰だかわからず、しばらく考え込んだ。 文面を見て、おもわず郵便受けの前で声を上げてしまった!まさか!まさか!の訃報であった。    75歳!若すぎるよ、辻さん!この前、個展の時ニコニコされて会場においでくださった姿から、この訃報とのギャップが大きすぎた。  辻さんを私に紹介してくださった平さんも、すでに鬼籍に入られてしまった。 十数年前、東京駅八重洲口横の大きなビルの中にある保険会社の監査役室で,平さんにお引き合わせいただいて初め... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/15 20:41
お土産
お土産  一週間の観光で、ニュージーランドに行くという友達に頼んだものが、今日手元に届いた。 まさか手に入るとは思えなかったので、いい意味で期待に反してすごく感激してしまった。たかがビスケットなのだが、これがチーズと一緒に頂くともう天国に行きそうに美味しいのである。    数十年前、JALに勤務していた友達がこのビスケットを持参してわが家に泊まったことがある。 私たちはワインを飲み、このビスケットと一緒に美味しいチーズを頂きながら一晩中語りあかしたことがある。それ以来、私はこの「Vita We... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/04 20:22
浴酒
浴酒  今年も今日で一週間の浴酒の行事が終わった。 去年は元気にインドから帰って、一週間毎日5時に起きて6時の供養に参加できた。あんまり頑張りすぎたかもしれない。その後、体の調子がおかしくなり始めた。  もう無理せず、今年は初日と、お中日、そして今日の結願の日の三回参列させて頂いた。歩いて出かけ、約二時間近い間,寒い洞窟の中に座ってお経を聞かせて頂けただけで、感謝感謝である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/28 17:11
介護車
介護車  一週間に一回、父の所に来られる訪問介護士さんからも言われた。 最近だいぶ足腰が弱くなってきたこと。  今、父は、がんばってベッドから車いす、車いすからトイレへの移動は自力で何とか立ち上がってくれるが、最近、重い腰がなかなか上がらず、時間がかかる様になったことを私も実感している。  昨日は初めて、父の便失禁に立ち会ってしまった。 便座に座ってジッと私を見ていた父は何を考えていたのか……おもわず、父を叱咤激励する言葉が出てきてしまった。すっかり身づくろいを整え直していただくと、お世話になっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/27 20:41
台風一過
台風一過  しっとりとした家の中、乾かない洗濯もの……、お昼近くになって青空が見え始めた。 夜明け方の大きな雨音と、二回の停電は少し驚いたが、川の増水に備えて早めに車を高台に避難させ、夕べは電気もテレビもつけたまま寝た。  たまりにたまった洗濯物をベランダに干し、部屋中に乾いた風を通した。 午前中は仕事場に座り、お昼をすませて少し歩きに外へ出た。 雨上がりの道は気持ち良かった。夕べの大雨のあとが川の中になぎ倒された草の色の違いでよくわかった。  それにしてもなんという清々しさであろうか! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/23 21:59

続きを見る

トップへ

月別リンク

NAMASTE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる