収穫

連日の猛暑で、我が家の庭のプランターの野菜はぐんぐんと成長を始めた。またたく間にナスは大きくなり、オクラはきれいなみどりいろのうぶげをつけて天に向かい、大葉もどんどん増え、ミニトマトはみるみる間に、赤みを帯びてきた。今日一日の収穫!少し皮は固いが、この新鮮さは何ものにも代えがたい。台風が去り、明日は猛暑の予報!夏の最期を野菜たちも頑張っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャリティバザーの事

今年もまた恒例の夏のバザーの時が来た。この暑さの中・・・・・、少々の心配ごとも感じなくはないが、友人たちの無言の協力が、私の心の支えになっている。頑張るしかない!20年間は過ぎてみれば早かった!この活動を始めてことしで20年、今年は何か記念の催しでもしようかなと思ってもいたが、まあ自然体でいいかと、いつも通りのバザーの時を迎えつつある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お見舞い

昨年,「家内は危篤です」と連絡をいただいた後、私は山梨の病院へ駆けつけた。ベッドから身動きもできず、自分の病を悲しんでいた友人が、その原因不明の難病に負けないで自宅に帰れるまでになっていた。気になりながら、ようやく山梨県北斗市のご自宅にお見舞いに伺った。点滴の外せない生活ではあったが、ご主人のつききりのお世話と、よい空気のせいか・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛のかたち

 時々通う病院の入り口に、いつもいる猫ちゃんは、猫好きの先生の公認の猫たちで、看護婦さんのお世話で幸せに暮らしている。 誰にもくっついて行かないのに、先生が歩いて散歩に行くときは知っていて後をついて歩いていくと伺いびっくりした。誰のおかげで幸せでいられるのかを知っているのかもしれない。  連日の猛暑は人間ばかりか、毛皮を着ている猫た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カレンダー

今年もまたカレンダーを作るときが来た。 2年の早さを実感する。  初めてカレンダーを製作したのは1998年だった。 その時は、1年カレンダーだった。毎年は大変だと言ったら、「じゃあ、2年カレンダーにすればいいじゃない」と友人の助言があって、それ以後は2年ごとに作っている。これが意外と好評だった。  翌年の1999年にインド子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の贈り物

今朝は気持ちよい目覚めだった。 朝五時……、ちょと迷ったが起き上がった。起きた気配を感じた猫がやかましい。 血圧を測り・・・・・、よし!今日も問題なし! 陽の上がらぬうちに歩いて来よう!と玄関を出ようとしたら、かわいい子が整列しているではないか!可愛さにほだされてまた靴を脱いで朝食を先に準備することにして出かけた。 まだカンカン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日向薬師へ

何年かぶりで伊勢原の日向薬師へ伺った。 何度も父を連れてよく参拝をさせていただいたお薬師様だった。以前、寄付をした父の名前はすでに消えていたが、思わず黒ずんだ古い木の芳名の中から父の名前を探している自分がいた。 ご本堂は数年前に大改修がされたらしく、茅葺の美しいラインに思わず見とれてしまうようだった。 以前は境内の真ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほおずき

先日の教室に、生徒さんが画材にほうずきを持参してきた。 描きたい気持ちがムクムト沸き上がり夢中で言葉を添えて三連作にして描いた。 ちょうど、いつも絵を飾ってくださっているお店の絵を架け替えたかったので、昨日飾ってきた。 ほうずきは夏のとてもいい画材である。 菩提寺の和尚さんがこんな話を聞かせてくださった。 ほうずきはお盆に欠か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

化身

昨年4月に亡くなった父の後を追うように、故郷の叔父が亡くなった。 二人は本当に仲良しで、元気なころは会えば尽きない昔語り親戚の話を語り合っていた。 昨日、叔父の一周忌で父の故郷を訪ねた。 仏壇のあるその部屋に・・・・・、今はもう二人の姿もなく声も聞こえない。諸行無常を実感した日だった。 父は兄弟が多かったので、当然私にはたくさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万歩計

最近高齢者の交通事故が何度もニュースで流れてくる。 そのたびに人ごとならずと、身の引き締まる思いがする。免許返納する人も増えているようだ。それはそれでいいことだと思うが、私にはまだ車は必要、返納の気持ちに離れない。  しかし、何時かはその日が来る、そうしなければならなくなるだろうと思う。 早々に免許を返納してしまった友人たちから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老いのかたち

数日前、友人の画家森女史のグループ展を拝見してきた。 81歳とは思えないおしゃれで前向きで活動的な彼女の姿勢はいつも私をワクワクさせてくれる。 会場に飾られた大作は神話をもとにした題材で背景の鮮やかな朱色が、見事に彼女の明確な意思を表しているように感じられた。 老いを静かに甘受しながら、見事に達観した生き方は本当にいつも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひまわり

散歩の途中にもう、ひまわりの花が咲いていた。 ひまわりは、母の思い出につながる花、心が温かくなり元気をいただく花である。  1979年、初めての個展の時も、ひまわりの絵をDMの写真に使った。  それ以後も、何度かひまわりの花をテーマに個展を開催してきた。  真夏の炎天下、取りつかれたようにひまわりをスケッチし続け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護の役

 私が今乗っている車は、父のために特別仕様にしてもらった介護車である。 父が車に乗るたび、足をあげて助手席に座るのが大変だったので、椅子が、回転して外に出て来てくる介護用の椅子に作り替えてもらった。しかし、父は10回も乗らないで亡くなってしまった。  父亡き後使うこともなく、数か月も待って特別仕様にしてもらったのは無用なことだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポールへ

 ずっと昔から、シンガポールに行きたかった。その思いがようやく実現できた。 ツアーのあまりの高さに諦め個人で行くことにした。行ってみれば地下鉄はわかりやすいし、素敵な二階建てバスがたくさん走っているし、琵琶湖位の面積しかないシンガポールは、瞬く間に回り切れてしまう感じだった。  到着した日に地下鉄でホテルへむかった。切符売り場にいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シフォンケーキ

 ひょんなご縁で初対面の方からシフォンケーキの作り方を教えていただくことになった。 ケーキ作りばかりでなく手作りというのは何でも手順と慣れだが、まさしくそれを証明することになった。  先生が道具などを持参してわが家においでくださり、分かりやすく教えてくださったが、はじめは先生も我が家のオーブンの様子が分からず、結局頭のところが焦げて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピンホール写真展

 一昨日のひどい雨の中、地元のギャラリーで初日を迎えた写真展を拝見してきた。 「ピンホール写真展」と書いてあるDMのタイトルも惹かれた。ピンホールって何なのだろうと興味津々で雨の中を出かけた。  手作りのカメラの小さなレンズからのぞいた風景写真が並んでいた。 その黒い箱のようなカメラも会場に置かれていた。とても不思議な感じがした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オカリナ

 ドキドキしながらオカリナ教室の門をたたいてから早1年が過ぎた。 あちこちの教室を見学してみたが、初心者の私がついていけるレベルではなく、素晴らしい演奏を聴かせていただいて拍手して帰ることばかりだった。  ようやく、全くの初心者向けの教室が始まることを知って参加し、何とか1年が過ぎた。 ずっと以前からやりたかった楽器だったので、よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初収穫

 毎年ゴーヤを植えてきたが,思うように育たず、望んでいた緑のカーテンなどできないまま数年が過ぎた。 聞くところによると、ゴーヤもそだつ場所と人を選ぶらしい。それで私はついに諦め、去年から小さなプランターにナスの苗を買ってきて植えた。  同じ土にナスは実らないらしいので、教えていただいた燻炭(もみ殻を炭にしたもの)というものを買ってき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田邸

 平塚に越してきて何十回もその横を通る年月を重ねていながら、なかなか中に入る機会のなかった旧吉田茂邸をやっと訪問できた。 湘南の海を見下ろすようにステッキとトレードマークの葉巻を持った姿の銅像がお庭の角に立っていた。 吉田邸は十数年前、原因不明の火災で、サンルームを残して全焼してしまったが、大磯市が克明に概要を記録し残してお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more