アクセスカウンタ

NAMASTE

プロフィール

ブログ名
NAMASTE
ブログ紹介
  書家・墨画家 小谷野洋子さんのページです。
インドをモチーフにした墨画制作をライフワークとし、常に新しい挑戦を続けて作品を発表しています。舞台美術やタイトルの揮毫なども手がけています。
かたわら、インド子供基金を立ち上げ、年2回のチャリティー活動を通して、インドの恵まれない子供たちへの教育支援を続けています。

*プロフィール、インド子供基金
  活動記録・支援記録はこちら
URL : http://namaste1.web.fc2.com
E-mail : koyano@kca.biglobe.ne.jp

新着
 ・初春チャリティーバザーのご案内
 ・インド子供基金 2018年度の支援と活動報告
 ・インド便り No.74

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
訃報
訃報  今年もまた、毎日のようにポストに訃報の投かんされる時期が来た。 39年前に母を送った時、私はどんな訃報を出したのだったろうか?記憶がない。  父と母は同じ年だったから、母が生きていたら今年で104歳だった。母の分も生き切ったかのように4月、父は穏やかに旅立った。兄たちの出す訃報のあて名書きをしながら、私も気がせいていたが、インドだよりbV4の中にそのことを書くことにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/10 21:06
訂正
訂正  1月のチャリティーバザーの配布、発送はほとんど完了したが、原稿ミスが見つかってあわてた。 1月8日は火曜日だが、土曜日と書かれた原稿も出回ってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/09 20:39
初春チャリティーバザーのご案内
初春チャリティーバザーのご案内 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/09 01:16
インド子供基金 2018年度の支援と活動報告
インド子供基金 2018年度の支援と活動報告 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/09 01:12
インド便り No.74
インド便り No.74  今年四月に最愛の父を104才で見送りました。インド人の平均寿命は68才、日本人の平均は83才と言われますから、父はなんと長生きだった事かと思います。  自然に還るという人の最後の姿を、まざまざと父が見せてくれました。  手元に残したわずかな父の遺灰は、いつの日にか私と一緒に誰かがガンジス河に流してくれるだろうと思っています。  来年が皆様によき年であります様にお祈りいたします。  平成三十年十二月 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/09 01:06
インディアンデー
インディアンデー  朝11時に最初の上映が始まる岩波ホール、私たちが到着した11時20分前にはすでにロビーにいっぱいの人が整理券をもらって待っていた。  「ガンジスに還る」を観に行った。65番目に呼ばれたが、客席はまだゆとりがあって見やすい椅子でゆっくり90分、懐かしいガンジスの風景に浸りながら映画を鑑賞した。英語のタイトル、Hotel Salvation。ベナレスのガート沿いにある死を迎えた人々が15日間滞在できる宿が舞台の映画である。  ヒンディー語もとても分かりやすかった。 夜のプージャの風景やら、ダ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/08 20:36
行事
行事  新春チャリティーバザーのチラシが出来上がった。 今年は忍ちゃんの手になる支援報告も、見事に出来上がった。  餅屋は餅屋・・・・・、彼女がパソコンの前でやるこの作業を見ていても、とても一朝一夕覚えられるものではない。さすがに専門の勉強をしたお嬢さんの仕事は早く、私には大助かりな強力な助っ人であった。      年末には、お寺の納戸にたまった提供品の整理に皆で行くつもりでいる。 こういうことの一つ一つも、少し腰の重くなった私の背中をみんなが押してくれる。走り出すまで、「どっこいしょ!」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/06 14:40
年中行事
年中行事  今年も11月、年中行事になった富山にお墓参りに行ってきた。 紅葉シーズンの連休で北陸新幹線は座席が取れず、やっと東京始発6時15分発の座席が取れたので、朝3時起きをして始発の東海道線に乗り東京駅へ行った。  いつもなら夕方に終わる年中行事が今年はスタートが早かったので、昼には終わった。 夜はおいしいお酒とお魚をいただく楽しみがあるので、お昼は胃にやさしい薬膳料理を予約しておいた。  丁寧な味付けと自然の素材を使った薬膳料理は心をほっとさせてくれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/25 20:05
ひとつの心
ひとつの心  40年来のお付き合いのあるインドの友人が、お世話になった日本の方のお見舞いのために国籍のあるアメリカからデリー経由で来日,1週間我が家に滞在し昨日帰国した。 この貴重な時間の間、つくづく人の心の思いは国や年齢など関係ないことを改めて実感し感動させていただいた。  彼は日本に来た翌日すぐお見舞いに行き、以前とは少し様子の変わった、しかし元気になり始めた彼女を見て抑えきれない感動に興奮していた。お見舞いされた彼女も、まさか異国の人がそれほど遠いところから自分に会うためにわざわざ日本に来てくれた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/22 16:59
適齢
適齢  この数年、何度かお会いしている親戚がいる。しかし、葬儀の時が多かった。声をあげて笑う場ではなかった。 昨日は、久しぶりに思いっきり声をあげて笑ったような開放感があった。  姪が40歳をかなりすぎて結婚し、山梨のフルーツライン富士屋ホテルでお祝いの席が設けられた。姉弟と両親だけが列席した小さなお祝いの席でのことであった。  真っ白なシンプルなウエディングドレスを着て教会の入り口に立つ姿、祭壇に進み神父の祝福を受けている間の心地よい緊張感、胸にこみあげる感動があった。 その後のお祝いの席で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/12 21:07
アイドル
アイドル  健康優良児で我が家の猫アイドルのタンちゃんがこの数日、いやもう一月ぐらいなるだろうか、鼻かぜを引いてグジュグジュしていた。家の中と外を自由に往来したい子なので、好きにさせていたがやはり寄る年波には勝てずというところか、息も苦しそうなほど鼻が詰まっている様子が続いていた。  数日前に近所の病院に診てもらったがあまり変化がないので、今日は、朝一番で藤沢の病院まで連れて行って診察を受けた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/06 20:31
季節感
季節感  11月の暦をめくって、だれもがため息をついて言う。 「早いわねえ!もう11月!」今年ももうすぐ終わりに近づいている。時間の速さに言葉を失う。 猛烈な暑さだった夏をそのまま引きづっているかのような、温かな11月も相当におかしい自然現象である。  間違いなく、地球の危機が迫っている、そう感じている人は多いと思う。 しかし現実感が遠い。危ういと感じながら、今ではない!と勝手に思っているだけだ。  いつの間にか、土手の草が枯れはて倒れつつある。それはやがて土砂となって中洲を盛り上をげていくの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/04 21:13
豊かさ
豊かさ  インドのライン、WhatsApp がつながるようになってから、インドが一層に身近になった。 突然、ベナレスのビルジュから写真が送られてくるようになった。あの子は学校に行ってないので、文字が読めないと数年前に本人から聞いた。写真には何のメッセージもなく、ただ数枚の家族写真が時折送られてくる。可愛い奥さんがお嫁に来てくれて、それでも二人の子持ちにはなった。  思い起こせばビルジュとアンジェナとは長い付き合いである。 彼らの両親は、ガートの横の高い台の上で、手作りのアクセサリーを売っていた。い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/03 20:35
心がけ
 「人から頂いた恩を忘れない」とはどういうことか考えさせる出来事があった。 私ならどうしただろうと思ってこの数日考えている。  私は、窮地の時こそ恩を受けたその人の所に駆けつけるべきではないかと思ったのだが、しかし、人には様々な考えと、とらえ方があるものだともおもった。  普段迷惑ばかりかけているから、避けられているのかもしれないと思い込み遠ざかってきたとその人は考えた。 しかし、待ったいるほうは、何故こんな窮地の時に真っ先に駆けつけてこないのだと思っていた。この恩知らず!と思っていたよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/29 19:24
隔世の感
隔世の感  IT大国と言われるインド、確かにこの数年のスマホの普及はすごいものがある。 自宅に固定電話がなくても、貧乏人もスマホはみな持っている。通信の手段が容易になったことのメリットは驚くべきものがあることを今回痛感した。  今回初めて、ラップトップをインドに持参した。 行く前からどの程度使えるのか不安を抱えていったが、このアナログ人間の私でも、WiFi さえ飛んでいれば容易に通信ができることを実感した。電波の悪い場所と時間は確かにあって難儀する日もあったが、とりあえず、インドにいる間に、インドか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/26 19:03
自立の道
自立の道  インドへ行くたびに、一人づつ毎年娘が生まれていた。 貧しい人たちにとって娘はクリシュナ神だと喜んでばかりはいられない。  最近の若者はダウリーの習慣には否定的だが、やっぱり古いベナレスのような街では娘の結婚には、持参金がつきものだ。持参金がないために結婚話が進まない。  この家の長女は数年前に結婚したが離婚されて息子と出戻っていた。気の強い子だったから、姑に愛されなかったようだ。家族内に複雑な事情を抱えているし、その下の娘たちの結婚の様子もこの数年全くうかがえない。 この家庭は一体どう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/21 21:06
再会
再会  今回の渡インに私ははじめてラップトップを持参した。 電波の調子の悪い日もあったが、フェイスブックもブログも書き込みができた。そのおかげか、期せずして20年以上前に知り合っていたアリアナ州のNaresh とつながりができた。すごい武器だなと思った。 みんなどこかで見ているんだなと思った。  出発前に、最初にインドに来た時に知り合ったインド人ヨゲシュさんが、ちょうどアメリカからインドに帰っているいう電話をもらっていたので、再会を期待した。  ほかにもインドに来たら会おうと話していた何人かの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/16 20:15
成長
成長  インドのお正月、光の祭典のディバリ祭が、近いので、ベナレスの賑わいは半端ではありません。 人に車にリキシャに牛に・・・・・かき分けかきわけ、昨日メモリアルスクールに行ってきました。 去年は体長が悪くて来られなかったので、二年ぶり、今年は行ってみてすっかり立派になっているのに驚きました。コンピュータールームもでき、教室の壁もすっかりきれいにペイントされていました。 「もう私たちのサポートは必要ないですね」というと、「あなたのサポートがあったから、ここまで来ました」と言われました。今,学生は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/09 10:59
ビール
ビール  昨夜インドに来て初めてのビールを飲んだ。 インドビール、キングフィシャーの500ミリ入りぐらいをほとんど私が飲んでしまった。いくらでものどが渇くので、初めの一口は強烈においしく感じた。グラスのほとんど一気に飲んだくらいおいしかった。  昨日は、チャリティーのことで打ち合わせがあったので、その帰りはランチを路地の中にある、日本の女性がインド人と結婚して営業している和食の「めぐレストラン」で食べるのを楽しみにしていたが、デイパックの家で娘たちが、プラウ(炊き込みごはん)ダル(豆スープ)それに、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/08 09:29
休息
休息  時間を約束せずにガートに行っても、どこかで必ず知り合いに出会う。 まるで約束していたかのように手を振り近づいてきて、絵を描くためのボートに乗せてくれる。  ボートに乗って対岸からガートで沐浴する人々の様子を見ているのはとても面白い。 ベナレスは町中を堂々と牛がかっ歩している街だ。気を付けて下も見て歩かないとあちこちに牛のフンが落ちている。ヒンドゥ教の神様の乗り物だから大事にされているのだ。  牛の体に触ったその手で自分の額で合掌する人もいるし,牛さんにチャパティーをあげている人もいた。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/06 21:28

続きを見る

トップへ

月別リンク

NAMASTE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる